« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

むかつく

今日出勤すると 主任がそばに来て 昨日Mさんが あれこれ カチンときて怒鳴ったと。
彼 とにかく仕事が遅い。先輩なんだが先日も あるトラブル解除ができず 僕が代わってやったら 後で逆ギレする始末。
今日は僕らが仕事の けつ持ち任せたのだが普通20分から 30分で終わる作業に一時間かかっていておわらない。
で彼の言った言葉は
「僕は仕事が丁寧だから」・・・・・・・・・・。
巧遅拙速!
その言葉の意味がわからんかぎり ダメだこりゃ・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kトラ泉谷

Kトラ泉谷
すげえな〜。
パワーのあるじじいだ!
いずこう か 加藤亡き後、て笑うな。
加藤和彦は不謹慎。
自ら命を断ってはいかん!
そうですな。
バッサリやりました。
しかし 今日は後半、加藤和彦追悼番組みたいだった。
イムジン川 は きちんと聞いた事なかったので 良い歌だなぁ。
唄の市 DVDでるらしいから買おうかな。
浦沢直樹が どうしてこんなに悲しいんだろう を歌うらしいし。
まぁ しかしヒッパレーヒッパレー○んこをヒッパレー!は なんなんだ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一番搾り

一番搾り
最近大好きな一番搾りないな なんて探してたらありました!とれたてホップ!
さて 飲んで見よう〓
うん
うまい!
こくはしっかりしてますがさらっとスッキリに仕上がってます!
やっぱり焼鳥買ってきて正解!
さ めしだ!
しかし 泉谷すげ〜な〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

番組!

今 毎週必ず見ようとしている番組が3つある。
一週間でとにかく面白いナンバー3である。
1、カンブリア宮殿
2、ガイアの夜明け
3、ルビコンの決断

今日はカンブリア宮殿。
先週の続きで、アサヒビールの特集。
この番組は毎回、取り上げる企業のトップが出演し、村上龍 とトークを繰り広げトップの話を聞けるのだ。
今、ビール業界はキリンとサントリーの経営合併の話で揺れ動いている。
それに対抗し、アサヒビールは中国青島ビールに出資し、協力体制をしく。
これによりアサヒビールは中国事業で来年より黒字転換するそうである。
中国のビール消費量はなんと22.8%。
世界一。
これは驚き! 確かに国は広く人口も多いがビールを飲める富裕層は狭い感じを持っていた訳で、
正直この国に失礼なイメージを抱いていた。
アサヒビールといえば、スーパードライ!
辛口で切れがあり飲みやすく、特に女性ファンを獲得したメガヒット商品だ。
自分が高校生の頃に登場し、たしかその年上半期で前年の売上をオーバーした記憶がある。
今 消費者は商品の多様化の恩恵を受けているが、半面その影響によりメガヒット商品は減ってきているとの事。
メガヒット商品を 100年 200年 売れ続けるために企業はどうしていかなくてはならないか?
これは物造りを生業とする企業の永遠のテーマ。
つまり よく言われるこれで満足した時点で全てが終わる。
常に不満足であれ は
自分の仕事にも非常に通じているのだが、
日々仕事をしていると 慣れにより一番忘れていく事である。
企業単位での話ではあるがそれはつまりそこで働く個人ベースの問題である事は明白。
改めて何かを常に考えながら作業をする大切さを思いしらされる。
先日のルビコンの決断 でのトイレ便器の話もそうだ。
TOTOと松下電工の 節水競争は永遠に終わらない。
そこには一個の人間の、知恵、勇気、決断、前に前にという気持ちから
トップ企業へ世界の企業へと成長しているのである。
自分も少しだけでも 爪の赤をいただきたい と思う。
人間の力は 強く大きい。これが集まる企業になれる意識の改革。
今やっている改善活動が
少しだけでもその一端を担えたらと思うのだっよ〜ん!プププ!
けど 俺様残念ながらスーパードライ より キリン派なのだ!ぶわぁはははははははははははは!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

おめでとう!

今日 昼前に携帯電話からが〜んば〜らなく〜ても〜いっいでしょ〜 て着信音が。
ん?おぉ やすお からでないか!
ででると
「いやぁ埋まれました」
あ やすおゴメン。
産まれました。
あれ?
生まれる?
どっちかな?動物が産で 人間は生かな?
気になるな。
と まぁ されはさておき、おめでとう!
2740㌘の元気な女の子だそうで。
俺様が名前つけてやっるよ!
拓子 か 拓美 なんて どうだ?
親父のやすおは あゆという字を入れたいそうだが
そこは拓の字入れて・・・・・・・・・・smile
しかし 12月の予定だよね?
11月18日なんて 早まったもんだ。
なんにせよ おめでとうおめでとう
拓子ちゃんおめでとう!smile

| | コメント (9) | トラックバック (0)

白銀

日本全国 今年の冬は寒そうだ。
そろそろ白銀の季節。
僕は小学2年の時に 長崎から青森に転校。
なんか 地元の人の言葉は外国みたいだし な〜んもないようなドイナカ!
今では 俳優の、松山ケンイチ君の出身地として、少しは むつ市も有名かな?ま あの原子力船むつ で有名か。
(でも安全だから大丈夫!)
さて な〜んもないこの下北は大湊も北国だから冬は白銀にそまる。
群馬あたりどころの話ではない訳で、11月くらいから降っては溶け降っては溶け、12月末くらいには根雪になる。
根雪とは春まで溶けない雪ね。
で このむつ市には釜伏山があり、スキー場があるのですよ!
僕が最初にスキーを始めた頃はね 親父がきたない古い板を知り合いから貰ってきた。まだ木の板ですよ!木の板!
初めてはいたスキーデビューは ボロボロ。そりゃ立ってらんないもの。
でも子供相手のスキー教室に2日くらい入るとね ボーゲンが出来るようになってね(^^)
これが楽しいし嬉しいし!
右に左に曲がれるしスイスイ行けるわけ。
さて そんなこんなでスキー大好き人間になった私は毎週土日はスキー場に通いつめる。
で 木の板はしばらくするとばきと折れちゃってね。
また親父が木のスキーどっかから貰ってきたりして。
ボーゲンでガンガン滑ってるとなんか足がくっついてクネクネ曲がる滑りをしてる人達がいるんですよ!
あれ かっこいいなぁ なんて真似し始めるんですが上手くいかない。
練習 練習。
地元のスキーのチームにも入り練習 練習。
それだけ滑りまくるとね 上手くなる。
六年生で2級。
ここまでくると 急斜面でウェーデルン。
チームでは毎日 ポールをくぐり大回転の選手ですよ。
中学三年で 一級とった頃は選手は辞めてたけどね。
ん?嘘っぽい?誰だ!そんな事言うのは!
証拠があるの証拠が!
四国の頃 スキー行くと 俺様があまりに上手いから ビデオ撮影したんだから!
こないだ久しぶりにみたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だっ、誰やねん!このビデオテープの頭からけつまで 機関車トーマスを録画したやつは!!!!
思い出がぁぁぁあ!!(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんですかね

なんですかね
そんなにチャーハン喰わせたいんですかね!
焼き飯のチャーハン付き!
注文するやついてるんかい!
丼ものにもチャーハン付き!
ライスにも!
どうだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ

ここ
行ってみて〜!
ぶわぁハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ。
ここすげぇなぁ!
シュールだよ!
店の名前があり このキャッチフレーズなのか?
はたまたこのキャッチフレーズに合わせ この店名なのか?
とりあえず 入ったらどうしたらええんやろ?
たち飲みは好きやけど 座って飲めるんら 座るんやな。
けど 中腰になって 空気椅子状態で飲まなあかんのかいな?
あ〜気になる 行ってみてぇ〓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々に

久々に
拓郎ネタでも。
さて昨日 ショップに受け取りに行きました
ニューライブアルバム。
ゆっくり聞いてます。
お?昨日バチバチしてた雑音が 今日はない。
ステレオの問題かな?
サプライズから加川良までの間に流れる テネシーワルツが よいなぁ。
いやサプライズのかぶりつきも よい思い出です。風の街 インストルメンタル これ好きな歌なんだけどこんな感じもね。また。
しっかし 改めて、いい声してんな〜!
はりがあるし カントリーの時より元気だと・・・・・・・・・思ったんだよな〜この時。
ま カントリーの時も
フォーラムも
よい席で いい思いしたんで文句はないのだ。
さて こうして良い音で聴くと 瀬尾さんのアレンジ。ストリングスの使い方が上手いな〜。
オクターブでユニゾンさせたり 高音域の音の被せ方が 一瞬ブラームスを思わせる。
けして派手ではなく、クラシカルな音の響きを
効果的に かつ メロディアスに。
パーカスも 効果的。
白夜のラストのあたりで
キラキラキラキラと鳴る音。
ライブの時から良いなぁて感じたんですけど
ウインドチャイム ていう楽器なんやけど かわいらしい音がするんだこれが!
今回残念だったのは ホーンセクションに ブラスが入ってないのが。
06までは ラッパとボーンが入ってたけど今回はサックスだけでしたね!
けど いつもチンチンに冷えた・・・・なんか、 サックスの響きと弦の伴奏が上手くミックスされて。
マスターの独り言 や 俺を許してくれ なんかアルバムでは打ち込み音源ですから 生音で聴くと全然いいね!
打ち込み音源は どうしても受け入れきらないんですけど やっぱり生は違うよ!違う。
音が生きてる?活きてる!
わっかるかなぁ わっかんねぇだろうなぁ シュビダバ〜。
と まぁ ライブアルバムとしては初めての試みであろうこのアルバム。
少し違う視点から語ってみましたが いやいや拓郎はいいよ!まぁ あまり拓郎の話 blogで書かないからたまには・・・・・・。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

鯛焼き

鯛焼き
鯛焼き
鯛焼き
今日は新しいライブアルバム聞きながら。
先日、根津に行きまして 気になっていた 行列の出来る鯛焼き屋に並びました。
店主はタイガースファンらしく タイガースのユニフォームや 前掛けして焼いてます。
店の前には 阿藤かい や 江成君 タイガースの選手の サインや写真がありまして一匹140円。
お土産あわせて 10匹購入。
とりあえず焼きたてを二人で歩きながらいただくと パリパリで上手い!
なるほど 有名店だけありますね〜。
鯛焼きは、焼きたてならこんなに美味しいのですね〜!
ごちそうさま。また行きます!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

究極の幸せ

今年の春ごろ、とある本を借りました。
[日本でいちばん大切にしたい会社]
この本には、いま日本国内にある素晴らしい会社六社が紹介されているのですが・・・・・・・。
この本に書かれている会社は、何を一番大切にしている会社なのか?
それは社員。顧客より自社の社員の幸福を一番に考える会社なのです。
その中で一番最初に紹介されている会社が、
[日本理化学工業(株)]
知ってますか?
国内で、粉の飛ばないダストレスチョークのトップシェアを誇る神奈川県川崎市にある企業ですが・・・・・・・・
この会社。社員の7割が、知的障害者なのです。
昭和34年、当時専務(現会長)の大山泰弘氏の元に、近くの養護学校の教員が訪ねて来ました。
「来年ぜひ、うちの生徒二人を採用してもらえないか?」
最初は断ったそうです。
教員は、「ならば是非、一週間だけでも仕事を体験させてもらえないか?
生徒に働く喜びを体験させたい」
そう頼まれ、二人を受け入れたそうです。
ところが二人は一生懸命真面目に働く。
周りの社員からも、「ぜひ来年から会社で雇ってあげて欲しい」
と声が上がります。
そして大山氏は決断しました。
当初は試行錯誤の連続。
一つ一つゆっくり仕事を教えるのですが、もちろん健常者の様には上手くいかない。
他の社員からの苦情も出始める。
しかし、障害者の社員は、何故か会社を休まず一生懸命働く。
上手くいかなくても、熱を出しても無遅刻無欠勤で会社に来るのです。
大山氏は ある日お坊さんに訪ねます。
「何故、彼等は休まずに働くのでしょうか?」
その問にこのような答が帰ってきました。
「人間の究極の幸せをわかりますか?
・人に愛される事。
・人に褒められる事。
・人の役に立つ事。
・人に必要とされる事。
この4つです。そのうちの後ろの3つは働く事で得られるのです」
それを聞いた大山氏は考えをかえます。
人を仕事に合わすのではなく、仕事を人に合わせていきます。
例えば、通勤している障害者が信号を守って、歩行している、という事は色の識別が出来ている。
作業や材料などを色分けすると障害者の人達も作業を間違えなくなっていったそうです。
とある方からはこんな話も聞いたそうです。
一人の力では到底、健常者にはかないません。例えばカセットテープの組み立てを健常者は一日で1000個作ります。
障害者の方には作業を
5つの工程に分け、5人に分担させたところ力を合わせ一日で、5000個完成させる事が出来たと・・・・・・・・・・・・。
この話、目から鱗が落ちませんか?
自分も今、会社でカイゼン活動のリーダーをやらされ四苦八苦ですが、小さな気付きで大きな効果ですよね?
大山氏と 日本理化学工業はこうして障害者の方々に広く門戸を開いてゆきます。
先日、ルビコンの決断 という素晴らしい番組でこの会社が特集され、また鳩山新総理が大山泰弘氏と日本理化学工業を訪ね、[友愛]と書いた色紙を贈ったそうです。
最初に入社した二人のうちの一人が ルビコンの決断で話をしていました。もう、おばあさんになられていますが今だに会社で働き、無遅刻無欠勤を続けているそうです。
「母親が一番、喜んでくれた」
と話されていました。
究極の幸せ は普通に仕事をして働いていると気付かないのかもしれませんね!
ま 最近は寝る事、食べる事、に幸せ感じる俺様ですが〜!
とにかく良い本でした。
あ!本といえば 拓郎疾風伝!
著者には興味あるけど著書は いらんなぁ〜。
1260円なら他に面白そうな本買うよ〜!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »