« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年6月

清水

清水
出船です。
雲 かかって富士山は見えません。
残念…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルモのおきて!

マルモのおきて!
マルモのおきて!
マルモのおきて!
マルモのおきて!
暑いなぁ 夜、蒸し暑さで寝不足気味の毎日ですが…。
さて、皆さん最近ドラマ見てますか?
個人的には あまりドラマ見ないんですよ。
日曜日の9時なんて、今までは
行列のできる法律相談所
見てたんですがね…。
この春のドラマ戦争は、間違いなく、
TBSの 仁 がぶっちぎりだと思ってたし、
他のチャンネルは、そこに対抗するドラマなんて勝負にならない!と思ってました。
が…
フジテレビのドラマチックサンデー。
怪優 阿部サダヲ と
芦田愛菜ちゃん 鈴木福君 という天才子役二人を起用し、さらにムックという、話すミニチュアシュナウザー犬!
この三人と一匹が繰り広げるホームドラマが快進撃を続けてます。
いやぁ 面白いんですよ。
特に 二人の子役。愛菜ちゃんは話題になってますが、弟役の 福君がかわいいのなんのって!
物語は…
阿部サダヲ演じる、高木護の親友が、がん で亡くなってしまうのですが。
葬式の斎場で双子の姉弟が、親戚に泣きながら離れ離れに引き取られる事になる。母親はいなく、父親にいつも二人でいる事があの子達の幸せだと話を聞いていた護は胸を痛めるがどうする事もできない。
その数日後、弟の トモキが家を抜け出したと知らせが護に入る。
護は、姉の薫と二人でトモキを探しに行く。
トモキは道に迷って、泣いていると 話すミニチュアシュナウザー犬 と遭遇。
公園で犬と寝てるとこを護達に発見される。
しかし 戻ると引き離されると思った二人は再び護から逃げようと…。
護は二人を自分の家に連れ帰り、親戚と相談し引き取る事にするのですが、話す犬も何故かついてきて…。
そこから色いろな事件がおこりながらも三人と一匹、温かい家庭を築き、本物の家族になっていく…
というホノボノとしたストーリー。
もう とにかく 阿部サダヲ は当たり前に素晴らしいのだけど、
愛菜ちゃんも子供らしくてねぇ。
さらにその二人を喰ってしまうかわいい演技のトモキ役の福君。
マルモとは、自己紹介の時にマモルを トモキがマルモ と 聞き間違い、ついたあだ名
そして家族仲良く暮らす為に おきてノートを作り毎回おきてを決めていく。
で マルモのおきて。三人の家の大家に、
なんと世良公則が 優しいおやじさん役で双子のおじいさんみたいになってるのもグーッ!
そして、このドラマ、視聴率もうなぎ登りだが、エンディングで視聴率が跳ね上がるというドラマの常識破りを起こしているんですよ。
双子とムックが 歌い踊る、
マルマルモリモリ が大人気。
この歌と踊りがまた めちゃくちゃかわいいのです。
さて、ドラマは終盤。ラスト二回。
話す犬、ムックの正体も気になるし、双子の母親も現れた。
どうなるのか…
う〜ん 楽しみですよ。最初から見たい方は、パソコンでパンドラ動画で無料で見れますよ〜。
今年は運動会とかでこのマルモリダンス 流行るんだろなぁ〜

| | コメント (6) | トラックバック (1)

かもめのたまご

かもめのたまご
かもめのたまご
かもめのたまご
送ってきた かもめのたまご。
なんでも被災したけど 頑張って再建したと ニュースでやってました。
初体験でしたが まぁまぁ なかなか美味しい。
さて 先日地鎮祭が終わり、我が工場の隣に一年かけて第三工場の建築が始まった。
事故なく無事に終わってほしいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »