« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

エベレスト 神々の山嶺

先日の日曜。
池袋ヒューマックスシネマにて、
鑑賞してきました。
原作を読み、壮大なスケールの話を
どのように2時間の映画にまとめるのか?
この、主人公の羽生丈二という山男。
山のために、全てをかけ、沢山の物を捨て、自分を貫き通した男。
前人未踏の、エベレスト南西壁、冬季 単独 無酸素 という 考えられない
計画を実行に移す。

ま、ね、映画だとかなり沢山の話が、カットされてしまう。
仕方ないのですがね~。

納得いかない部分も。

まず、原作では、羽生は南西壁を登りきり酸素不足で視界が不良で道を誤り、チベット側に下山してしまう。
そして、8100メーター辺りの、マロリーの遺体の傍で命を落とす。
ネパールに入国禁止になってしまった深町がチベット側から登頂し、下山時にそこで羽生の遺体とマロリーの遺体に出会った訳ですが、
映画だと、深町は、サウスコルを経由している。
となると、深町は、ネパール側から登った事になる。
なのに、マロリーの遺体の傍で羽生の遺体と出会う、というのは、
完全におかしい。
深町がラストで、スタートしたベースキャンプに降りてきた以上、
サウスコルを経由しているのなら
ネパール側に下山している。
なぜ、マロリーの遺体に出会うのか?
このあたり、映画はやはり映画。
原作と違うのは、仕方ないし
羽生の遺体だけなら、ネパール側に羽生も下山して力尽きたと言えるかもしれないが、
マロリーの遺体がある以上、
納得できない部分。

脚本を書いた人間が、曖昧にしたのか、知らないのか?
ま、原作を読んでしまったら
スケールも今一かなぁ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

宿毛遠征

宿毛遠征
宿毛遠征
さて、清水の大会も終わり、先週の金曜。
羽田を飛び立ちまして、一路徳島へ。
師匠が空港まで来ていただき、餌の仕入れと、まずは、徳島ラーメンを食べに。
久しぶりに旨い!
やっぱり徳島ラーメンは最高!(笑)
で、準備万端で、夜、倶楽部の会員と合流し、高知県宿毛市まで向かいます。
四国の東と西のはじ、だから遠い遠い(涙)
Nさん、運転お疲れ様です。
初日は、そのNさんと二人でボートに乗り、Nさん、二枚!!
やるなぁ~!
僕は、今一でチヌボーズ(涙)
今年初のボーズ食らってしまった(涙)
しかし、でっかい真鯛を二枚!
特に夕方きた真鯛は、メチャメチャ強い引き!
なんと60センチオーバーの、桜鯛!
すごかった~(笑)
で、二日目は、師匠と二人でボートに。
今回は、状況も悪いし、型は狙えないとのアドバイス?。
まあ、小さくても良いから顔見ないとここまできた意味ないし、頑張ってみることに。
朝からあたりもなく、しばらくすると、底から泡がブクブク。
あらら、あか~ん!!
これは、エイがきた!
こいつ、退治せなチヌが来ない!
と思ったら、あたりが!
強烈な引き!
こりゃエイだ!
と、横で師匠もヒット!
Wヒットだが、僕はエイ、
師匠は、なんと年無し!
う~む、流石!
と、エイを退治したら夕方チヌがよってきた!
まず、48.5センチ!
40センチを二枚。
そして4枚目!、やった~!
52センチの年無し!(笑)
でました!
ここまできた甲斐がありましたよ~!(涙)
いやはや、大変だったけど、楽しい遠征二日間でした。
あ~、次はいつこれるやろ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

清水港黒鯛釣り競技大会

清水港黒鯛釣り競技大会
清水港黒鯛釣り競技大会
本日、決勝大会。
昨夜から友人(ディフェンディングチャンピオン)と、清水港へ。
今週は、エビ取りもソコソコ取れたので、さてどうなるやら?
朝から、抽選で、ふじや釣り舟店からの出船が決まり、さらに
同船する相手が、2度この大会を
制覇している、愛知の名手と決まり
プレッシャーが・・・。
ただ、ポイントは、前回大物を釣ったポイント、
第三の壁。
各ポイントに到着して各々釣りが始まりました。
まずは、さすが名手。
キビレを一枚。
少しして、僕がチヌを一枚。
さらに僕がチヌをヽもう一枚。
すかさず、相手も一枚追加。
それから、相手がトイレ中、
45センチの良型が釣れてリード。
が、相手がまたまた、35くらいのを追加で並ばれる。
で、キター!
年無し。
こちら4枚目。
相手も、一枚追加して並び4枚ずつで終了しましたが、重量で上回り、大会成績、総合3位!
決勝大物賞1位をいただけました。
運良く、良いポイントに入る事かでき、大物も釣れて
良い大会となりました。
今回の大会は、選手72名。
全体でも、かなりのチヌが釣れて、
記録的な大会となったそうです。
無事、終了して、役員、選手の皆さまお疲れ様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

清水港

清水港
清水港
今年も、清水へ通ってます。
今年に入って6回目。
初釣りの、長井から、まだボーズは
喰らってません!!
が・・・
厳しい。
40オーバーは釣れてますが、
一日、一枚だけ・・
なんて、釣果が続いてまして。
ま、今年は清水全体で、としなしが、あまり釣れないと、今いちパッとしません。
ん~、だから、スカッ!としたい。
さて、水曜日一路清水へ。
水深5メートルくらいの浅いポイントで目の前には壁のように堤防が建ってます。
この壁にデカイのがいるはず!
と、ダンゴ沈めて待ちます。
すると、朝早めに35センチくらいのが一枚。
大きくないけど、ボーズはなくなり一安心。
しばらくして、どどーん!
おっ!大きいじゃないすか!
49.5。満足満足。
でも、今日は終わらない。
次に35くらいのが一枚。
そのすぐあと、どどーん!
52センチ!
今年初としなし~!!
昼の出前で、カツ丼食べて釣り再開。
で、またまた、デカイ!
しかし、魚に先手をとられて、
切られた~(涙)
一枚バラすとあとダメですね~。
小さな一枚追加して終了。
で、大型二枚含む5枚と、
よかったよかった。
一枚バラしたのは残念ですが、
よかったよかった。
ま、一年に一度あるかないかの
祭りでした。
さ、次回も頑張ろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年4月 »